心をひらく

dream2.jpg私の夢はインターネットビジネスで成功すること。
 お客さんが欲しいと思われる商品やサービスを紹
 介し、購入していただいた人が良かったと思って
 いただけるように。             
 ですから、売るためのテクニックとかでなく、正
 しい情報、役に立つ情報を提供できるようになる
 ことが夢です。                
そして、それを実現できた折には、私の得た知識、
技術を更新の人に提供できるようになりたいです。 
(※ この夢は今日現在の私の夢。もっと大きくた
くさんになるかもしれません)          
という目標を達成するために今日も勉強しました!!
学習内容から夢の達成に役立てたいと思ったのは以下の内容です。

先日購入してそのままになっていた本
book2.jpg
この度改めて勉強を始めてみて、カタカナで現される言葉が多いと
感じています。先日の自分との信頼関係の記事の中でもラポールという言葉が
ありました。
このラポールという言葉、どっかで聞いたことがあって
調べていたときに見つけた本です。
松下幸之助さんの「道をひらく」はベストセラーですが、
それを外人が解説しているというのでちょっと話題になったりしましたっけ。
このジェームス・スキナーという人
このブログにもバナーを貼っていますが、
ほとんどの方がご存知のスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を
翻訳した人でフランクリン・プランナーというシステム手帳の開発者でも
あります。
自分の目標設定をし、その目標管理しながらの日々の思考の積み重ねを
記していける手帳として人気のある手帳で、大手の文具店などには
特設コーナーもありますね。
コヴィー氏の7つの習慣も、松下幸之助さんの「道をひらく」も
成功哲学、自己啓発本としては必ず取り上げられる本で、
私も読んだことがあります。
今回、「道をひらく」を読み直すために取り出してあるのですが
このジェームス・スキナー氏の「こころをひらく」が目に留まったので
購入して読んでみました。
松下幸之助氏の説いている内容がすべてではないにしろ、
趣旨はしっかりと説明されており、自分の言葉で語られていると感じました。
これから成功していくためのアイデンティティを
どういう風に持つべきかということを考えさせられています。
自分の利の為に成功を求めるのではなく
社会に利をもたらせられるような考え方をしなくては
真の成功には至らない。
ということだと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました