ミッションステートメント

昨日帰宅すると、楽天で注文していた本が届いておりました。
7tsu.jpg

まんがでわかる7つの習慣 [ 小山鹿梨子 ]
義理の息子に少し勉強してほしいと思い買ったのです。

ビジネス書とか本などはあまり読まないタイプ。
最近の若い人は本や新聞から知識を得るのでなく、
ネットで入れるのが普通と言いますから仕方ないのかもしれません。
偉そぶって上から目線で本を読んで勉強してみたらとは言えませんから、
これをさりげなく渡そうと思っているわけです。
私はずいぶん以前になりますが、この7つの習慣は読んだ覚えがあります。
それ以降も手にしたビジネス書の中では同じようなことが解説されていますから、
もともとはどんな内容だったかを思い出してみようとさっと読んでみました。
まだ、昨日読み始めたフォーカス・リーディング 習得ハンドブックを読み終えていないし、
中のトレーニングも積んでいませんけど、2時間半ほどで読み終えました。
改めて、「自己信頼残高を増やすこと」
「重要事項のうち第2分類を実行する」の2つを確認したわけです。
●自己信頼残高を増やす
自分自身との約束を守る
自己管理ができていると感じることができる
これらができているか再チェックしないといけないなぁと感じましたよ。
以前チェック項目として挙げたこと
・朝、決まった時間に起きて奥さんにおはようと言った。
・仕事で、ミスした部下をちゃんとかばえた。
・上長、部下へ報告・連絡・相談がきちんとできた。
・体調管理の為の運動ができた。
・自己啓発のための勉強に時間をとれた
・愚痴、陰口など言わず、ポジティブな思考ができた
などなど、自分で決めていること(自分との約束事)が
きちんとできているか。。。
self.jpg
かなりおろそかになってますよ。
いまさらながら、1カ月くらい点数をつけてみましょうか。。。。
この自己信頼残高と呼ぶものが増えていないと
・自分が正しいと思うことの為なら率先してできる
・他人の成功を喜ぶことができる
・仕事、趣味などのスキル・能力向上のために時間を確保できる。
・身の回りで大切な人の窮地を助ける覚悟ができる。
・ネガティブな出来事をポジティブにとらえることができる
というようなことができにくくなってきます。
自分が自分を信頼できないと、成功なんておぼつかなくなりますね。
●重要事項のうち第2分類を実行する
これも、日々の出来事に追われていると意識が希薄になることの多い項目です。
日々の事項を緊急度と重要度によって4つに分類します。
第1分野 緊急で重要度が高い
第2分野 緊急ではないが重要度が高い
第3分野 緊急で重要度は低い
第4分野 緊急でもなく重要度も引く
私たちは、緊急度合いの高いものに目を奪われ、優先順位を高くしがちです。
第1分野にはいるもの
( 災害、事故、病気、仕事面での締切直前のタスク、
クレーム処理、自分が仕切る会議やミーティングなど)は
優先順位が高いのは当然なのですが、
もう一つ、緊急ということだけで優先することの多い
第3分野が日常の時間を多く締めています。
無意味な電話、メールへの対応、重要でない報告書、
突然の来客、会議、目的のない接待や付き合いなどがこの分野に入ります。
突然または処理期限が短く定期的に入ってくる出来事で
重要でないものというのは、処理期限が短いというだけで緊急度が高くなっています。
dash.jpg
そして私たちはこの緊急(処理期限が短い)という名の事項に振り回されていうことが多いです。
でも、本当は第2分野の「緊急ではないが重要度が高い」事項が最も重要で、
この課題をこなしていくことが第1分野の事項を減らすことにもなると考えられています。
この分野に含まれるものとして、
予防策、準備や計画、人間関係の構築、自己研鑽、適度な息抜きなどがあり、
特に、予防策、準備や計画をこなしていけば、
第1分野にはいる事項をかなり減らすことができるはずです。
自分の体調管理、自己啓発なども健全に能力を発揮するためには
必要なこととはわかっていますがなかなか、優先度が上がらないものです。
そして、第3分野の事項に関し、特に仕事関連では断るのに勇気が必要なことが多いです。
自分の優先順位の基準というものを
もう一度確認しておかないといけないねと思った次第です。
・最も大切なことは何か
・どんなことを生きがいにしているのか
・どんな人間になりたいのか
・どんな人生を歩みたいのか
今回の歩みに向けて良い機会ですから、
私ももう一度考えてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました