速読法

先日頼んでいた本が、昨日届いておりました。
dokusho.jpg
この度、インターネットビジネスに取り組むにあたって
色々な書物、マニュアルを読む機会も増えるので
もう少し速く本が読めればなぁと思っていました。
速読に関する本はこれまたたくさん出ていて
色々なノウハウがあるようです。
セミナーや、トレーニングもいろいろあって
結構需要はあるようですが、
その効果のほどは、、、
口コミなど調べても
なかなかこれはというものにあたらないのです。

速読法の研究結果によると
「現存する科学的根拠によれば、
速度と正確さには反比例の関係があり、
読み手が読むべき文書にかける時間が短いと、
の分だけどうしても理解が劣ってしまいます」
とカリフォルニア大学の心理学者であり、
その研究論文の著者でもあるElizabeth Schotter氏は述べています。
もちろん、文学として楽しみたい、表現方法を楽しみたい
などの文学面は読書というもので、速読対象とは別ものと考えてます。
ただ、私たちが速読を欲するのは
単に本を早く読みたいというのが目的ではなく
その本から知識を吸収し、それを自分の活動の中に活かしたいというように考えます。
私の読み方はざっと目を通し、この本は重要だ、この個所が重要だと感じたら
読み直し、メモを取る、線を引くなどの身に付けるための作業を入れる。
そのために、ざっと目を通し、大事な点を見つけるということが
実用書やビジネス書を読むときの目的。
その最初の作業を効率化する速読法を身に付けたいと
思うわけです。
forcus.jpg
この本は、そんな私にぴったりの本。
1.速読技術とスキミングによって、1冊の本を短時間で読みこなせる体験をすることで、読書が楽で楽しいものだという実感を手に入れる。
2.速読技術をマスターすることで、理解や記憶が雑になったり、浅くなったりすることを認めたうえで、2回以上重ねて読み返したり、メモをとったりといった読書戦略を採用して補っていく。
3.さらに「本の読み方の基本」に基づいた読書法を採用することで、これまで以上に深い理解を手に入れる。
4.読書が短時間で終わることで、読んだ後の実践や知識の整理に取り組む余裕を手に入れる。
5.読書をあなたの目の前の成果と、ちょっと先の未来の成長につながる学びとしてデザインし、その目的に合った読み方を選択する。
という目的が書かれています。
昨晩、ちょうど半分くらい読み終えて、実践に入るところです。
プラクティスは時間をとり、集中して行うことを継続して身に付けなければなりません。
今日から、30分から1時間、このフォーカスリーディングの修得に時間を割いてみようと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました