民間と行政

仕事

私が携わっている仕事は、行政からの縛りがある。

その制度の見直しが昨年1年かけて行われ、
その結果が4月に公示されるわけである。

それを受けて、法律は1年後に施行されるわけだか、
私たちとしては、その内容に合わせたサービスの提供を、
事前に準備し、公表してサービスを受ける人たちを募集しなければならない。

30年度からのサービスの変更点を決定し、
29年度から公表、募集にかからなければならないのである。

しかし、行政のスケジュールで行くと、詳細は4月の公示を受けて、
決定するとし、民間の考え方とのギャップが生じている。

もし、民間としての私たちが先行し、決定したことが、
4月以降の公示内容によっては、全てやり直しとなる可能性があるのだ。

これは、民間企業にとっては死活問題。

この時期の仕掛けを失敗すると、30年度の売上計画が大きく狂う。

これを、今日、行政にぶっつけに行ったわけである。

まぁ、解っていたことではあるが、行政は法に従うのみであるから、
個人的には主張が理解できたとしても、対策が見つかるわけではない。

我々としては、行政の顔色を見ながら、準備を進めていくしかないのである。

全て、自分たちで決定できる民間企業なら、その責任も取り様があるのだが、
こうした行政の指導が入る場合はなかなか苦しめられる。

これはこれで、楽しみながら進めていくしかないのだろう。

タイトルとURLをコピーしました