「いただきます」と「ごちそうさま」

生活

私たち日本人は食事の最初に「いただきます」と
最後に「ごちそうさま(でした)」と挨拶することは
学校の給食や、家庭での食事の時に習慣付けられましたね。

「いただきます」という言葉は
神様に供えた食べ物や、目上の人からものを貰うとき
頭の上(頂)に掲げ持ったことから
謙譲語として「いただく」という言葉が使われるようになり
食事をする前の挨拶として使われるようになったようです。

「ごちそうさま」という言葉は漢字で書くと「御馳走様」と表します。


「馳走」という言葉の意味は走り回るという意味ですが、
昔は今のように食事の用意が簡単ではなく、
食事を出して、もてなすために
走り回る様子を表わす言葉といわれます。


これに丁寧語とする「御」と「様」をつけた言葉で、
食事のあとの挨拶とするようになったようです。

eat

日常的にこの言葉が発せられるようになるには、やはり子供の時から習慣づけられているか否かにかかっているように思います。


外で食堂などに入っても、
ちゃんと軽く手を合わせて食事を始める人の姿を見ると、
なにか心が温かくなり、安心できる自分がいます。

この手を合わせるというのは、日本では元々は神道に由来するのでは?


と考えたりします。

神道では食前に、
一礼一拍して、
「穀(たなつもの) 百(もも)の木草(きぐさ)も天照(あまてら)す 日の大神(ひのおおかみ)の 恵(めぐ)み得(え)てこそ」
という和歌を詠み、礼をしながら「いただきます」と言ってから食べます。

食後は、同じく一礼一拍して、
「朝よひに 物(もの)くふごとに 豊受(とようけ)の 神のめぐみを 思へ世の人」
という和歌を詠み、礼をしながら「ごちそうさまでした」と言って、席を立ち、食器を片付けるそうです。

さすがに、一般家庭では和歌までは詠いませんが、
食事の前後に、手を合わしながら
「いただきます」「ごちそうさま」と言うのは
こうした習慣を身につけていることとなりますね。

タイトルとURLをコピーしました